合同会社NARumi

第3話:家族の理解を得るために…|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

お問い合わせ

第3話:家族の理解を得るために…|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

第3話:家族の理解を得るために…|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

2022/12/05

こんにちは。


富山で漫画家・風水鑑定士

として活動しております、

 

運氣アップ創作アドバイザー

安崎羽美(鳴海マイカ)です。

 

 

これは、私がOLから転身し、

漫画家として生活できるようになるまでの

数年間の思い出のお話です。

 

 

アメブロからの転載+加筆修正となります。

内容的にはアメブロ時代から変わりませんが

初めて見て下さるかたは

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

 

【第3話】

家族の理解を得るために

 

 

 

 

 

漫画家になるために専門学校に通う!!

と決めた時、

 

一番の問題は

 

家族への報告でした。

 

 

 

 

 

 

それはもう…

 

 

涙涙の白熱家族会議でした!(笑)

 

 

 

 

「仕事辞めてまで学校に行くの!?」

 

「漫画家ってそう簡単になれるようなものじゃないでしょ!?」

 

「お金はどうするの?」

 

 

ごもっともなご意見です。

そう言われるだろうとは覚悟していました。

 

そりゃそうですよ、

 

家族だからこそ、夢を追いかけて不安定な世界に飛び込もうとする娘を心配してくれてるのは

 

すご~~~~~~~くわかります。

 

 

 

…しかし 私の意思は固かった。

 

 

 

「やらないまま終わるより挑戦してみたい!」

 

「アルバイトしながら学校に通うからお金はなんとかする!」

 

「家族に迷惑はかけないようにするから!」

 

 

 

と、本気である意思をぶつけました。

 

私の本気度を感じてか、父も母も最終的には折れてくれました。

 

 

父「お前がそうと決めたならできる限りのサポートはしてやる!」

 

 

そう言ってくれた父親の頼もしさたるや…

 

家族の理解があったからこそ、

無事に専門学校に通う事ができることになりました。

 

 

…まあ、金銭的な意味ではむちゃくちゃ大変でしたが…(笑)

車のローンに加え、学校のローンも追加されたわけだしね…。

 

 

当時、家族には本当に苦労をかけてしまったので、

今は私なりに恩返しをしていますよ。

 

 

 

 

続く。

----------------------------------------------------------------------

<運氣アップ創作アドバイザー>

合同会社NARumi
安崎羽美(鳴海マイカ)


<各種SNS>
アメブロ (いろいろごった煮)
Instagram(日常中心)
LINE(漫画仕事告知のみ)
Twitter(漫画仕事告知のみ)
Bluesky(趣味創作・日常呟き)

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。