合同会社NARumi

第6話:初めて完成させた原稿|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

お問い合わせ

第6話:初めて完成させた原稿|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

第6話:初めて完成させた原稿|富山の漫画家・風水鑑定士:安崎羽美

2022/12/13

こんにちは。


富山で漫画家・風水鑑定士

として活動しております、

 

運氣アップ創作アドバイザー

安崎羽美(鳴海マイカ)です。

 

 

これは、私がOLから転身し、

漫画家として生活できるようになるまでの

数年間の思い出のお話です。

 

 

アメブロからの転載+加筆修正となります。

内容的にはアメブロ時代から変わりませんが

初めて見て下さるかたは

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

 

 

【第6話】

初めて完成させた原稿

 

 

 

 

当時は、まだ現在よりデジタルが普及しきっていない時代でした。

 

手書き作家さんとデジタル作家さんで

5:5くらいの割合だったと思います。

 

 

学校の授業でも、手書き原稿での作業が主流でした。

 

手書きで原稿を作り上げるのは

とにかく苦労の連続です。

 

 

 

 

中学生の時に、

ほんの少しだけ触れたことがあるだけの、

慣れないつけペンと

慣れないトーンに悪戦苦闘しつつ、

 

入学してから約2か月…

課題の合間や家でも黙々と作業を進めながら初めて作り上げた16ページの漫画がこちら。

 

 

 

 

(笑)

 

 

まだマシに見えるページだけ抜粋してみたけど

あまりにも懐かしすぎる&ひどいので、

恥ずかしさを超えて、むしろいろんな人に見て欲しい…(笑)

(こちらは、手書き原稿をスキャンして、文字だけ打ち込んでいます。)

 

 

ストーリーは、彼岸花をモチーフに。

 

病弱な金持ちおぼっちゃまと、

その使用人の少女の結ばれなかった恋を描いたお話です。

 

 

悲恋だけどハッピーエンド。

(メリバともいう…)

 

 

 

線はへろんへろんだし、

人物のバランスもめちゃめちゃだし、

背景は壊滅的に下手だし、トーンも雑。

 

何よりストーリーがひどすぎる!!!

 

 

今だからこそ絵も話も破綻しまくっているのがわかります。

 

 

でも、

 

 

趣味で簡単な漫画を描いたことはあれど、

16ページとはいえ初めて自分で最初から最後まで書きあげた漫画です。

 

当時の私の全力を尽くした作品です。

達成感はすさまじかった……。

 

 

 

 

よくやった私!と

当時の私は自分を褒めちぎっていました。

 

 

そして意欲にあふれた私は、

この16ページ漫画を東京へ持ち込みに行く事を決意するのです。

 

 

 

続く。

----------------------------------------------------------------------

<運氣アップ創作アドバイザー>

合同会社NARumi
安崎羽美(鳴海マイカ)


(日常中心) Instagram

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。